アトピー ステロイド

管理人イチオシの保湿ケア

みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖

当サイトで紹介している肌のトラブルの中で最も潤いと保湿にすぐれた商品です!また、みんなの肌潤糖は砂糖の高い浸透力(自然に溶け馴染んでいく力)を利用しているため、吸水力と保湿力のコストパフォーマンスに大変優れています。 単品で購入すると税込3150円ですが、お試しサイズなら税込1260円で試すことができます! ただ商品を売って終わりではなく、あなたの悩みに合わせた健康管理士と専任アドバイザーにいつでも相談できるのが驚きです。 管理人イチオシのスキンケアです!  

みんなの肌潤糖の詳細⇒

   

なぜアトピー治療にステロイドを嫌う人が多いの?

 

ステロイドホルモンというのは他の性ホルモン、またはビタミンDなどと同じで
コレステロールから合成されると言われています。

 

つまり、コレステロール骨格を持っているグループと言えるのです。

 

新鮮なステロイドホルモンというのは側鎖のほとんど全てが酸素フリーとなっており、
極限と言って良い抗炎症作用を示すと言われています。

 

 

そして生体内で徐々に酸化を受けていくと言われているのです。

 

酸化レベルの低いステロイドホルモンは「17-OHCS」として尿から排出される事になるそうです。

 

しかし酸化レベルが高くなれば一般的なコレステロールと同じで胆汁酸として肝から腸へと
排泄される事になるのです。

 

 

コレステロールが生体内に停滞して年と並行して動脈硬化を引き起こす事からも分かるように
過剰に生じてしまった酸化コレステロールの排泄は困難さを伴うものなのです。 

 

とくに外用薬として生理的濃度を超え、体の中に入ったステロイドホルモンというのは
組織に対して停滞して酸化コレステロールに変わっていく事が分かっています。

 

 

酸化物質は組織を交感神経緊張状態へとしてしまい、血流の「うっ滞」さらには顆粒球増多などを
招いてしまうと言われているのです。

 

 

顆粒球は組織に浸潤して隙間がない炎症を起こす場合もあるのです。

 

これがアトピー性皮膚炎から酸化コレステロール皮膚炎に移行する
メカニズムになっているという訳なのですね。

 

 

この移行はステロイド薬を使い出してからおよそ数ヶ月から数年で起きるものなのです。

 

こうした酸化コレステロール皮膚炎を抑えるためとして、ステロイド薬を使うとなると
前より沢山の量の薬を使わなければいけなくなるのです。

 

 

 

 

脱ステロイドで本当にアトピーを治すことはできるの?

 

世間一般ではアトピー性皮膚炎というのはステロイド薬を止めたら完治する!
と思われている人が非常に沢山いると言われています。

 

 

ステロイドを止めるのが良いですが、止め方というものがあるのです。

 

もちろんクリニックで最終的にステロイド軟膏を使わないで良い状態にまでもっていくように
指導されている所もあるのですが、一気にステロイド外用を止めるなんて事はないのです。

 

 

それは非常に危険なためです。

 

ステロイドというのは現代医学が人類にもたらした最高の賜物の1つ
という事は決して忘れないようにしましょう。

 

決して毒ではありません。

 

 

これがないと多くの人が死に至って激烈な痛みのまま生活を送る事を余儀なくされてしまうのです。

 

工夫して使用するのが良いのです。
自然のサプリと共存させながら使用すると良いと言われていますよ。

 

 

医薬品はなるべく使用せずに自然の材料で作られたサプリだけで治療を
行なうとしている人も多いと思います。

 

 

今の所、私自身もステロイドよりも勝さる薬とは出会った事がないです。

 

もしも、そのような薬と出会ったのなら当然、誰しもがあっさりと捨て去るでしょう。

 

 

脱ステロイドをしたからアトピーが治る!という事ではなくて体内から改善される事でアトピーが
治ってくるから脱ステロイドが出来るという事になる事を覚えておきましょう。

 

そして、この過程はおよそ1年〜2年ほどかかるので自然に知らない間に脱ステロイドが
達成されていくという事になるのです。